06-4308-4326
受付時間 : 10:00 ~ 20:00

塗装成功の可否は
塗装会社選びで決まります

この度は、東大阪市八戸ノ里の外壁塗装&雨漏り専門店
スターペイントのホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

弊社の塗装ホームページをご覧になられているということは、
外壁塗装や屋根の塗り替えをご検討されていることと思います。
お客様の中には「長持ちする塗料で、お金をかけずに短い工期で塗装を終わらせたい」
というお考えをお持ちかもしれません。

しかしながら、価格の安すぎる会社の多くは塗料を薄めたり、
3度塗りのところを2度塗りにして早く終わらせる等、手抜き工事ありきでの見積りをします。
せっかく良い塗料を使ったとしても、その塗料の性能を引き出せない施工では価値がありません。

そのため、このページはそのようなお客様に対して、
「本気で外壁塗装・屋根の塗り替えを成功させていきたい」という気持ちを大切にした内容となっております。

良い会社の条件はお客様にとって納得できる価格で、
高品質の塗装を提供でき、サービスや対応も良い会社だと考えています。
ぜひお読みいただき、成功する塗装工事を実現して下さい。

お家のメンテナンス時期とは? お家を長持ちさせるための
大切な塗装の基礎知識

色あせ ひび割れ 塗装の
はがれ
コケ 雨漏り シーリング

のやせ

どのような時に外壁塗装や屋根塗装をした方が良いのでしょうか?
多くのお家の場合、上記の図のようにシーリングのやせ、コケや藻がついている、外壁塗装がひび割れしている、
外壁塗装や屋根塗装が色あせしている、塗装がはがれているといった現象が起こります。

特にこの現象については、すぐに外壁塗装や屋根塗装が必要なものと、まだ塗装をしなくても良いものがあります。
判断に迷う事が多いのが事実です。そのような時は、下記の劣化度チェックを行いましょう!

まずは…劣化度チェック!!

劣化度小
診断をおすすめ
劣化度中
補修・塗装をおすすめ
劣化度大
早急に補修・塗装をおすすめ
→

色あせ・くすみ

劣化度
★☆☆☆☆

外壁のくすみや色あせが気になったら、塗装を考え始めた方が良いでしょう。

チョーキング

劣化度
★★☆☆☆

外壁に手で触れると白い粉がついてくるのは劣化のサイン。塗り替え時期です。

カビ・藻

劣化度
★★★★★

カビ・藻が、外壁の内部で繁殖する前に食い止めることをオススメします。

シーリング

劣化度
★★★☆☆

シーリングがヒビ割れしたり、痩せてしまっている場合は要注意です。

さび

劣化度
★★★★☆

さびを放置すると穴が空いてしまいますので、その前に塗装しましょう。

ひび割れ

劣化度
★★★★★

外壁のひび割れが全面に広がると張替えになり、余計な費用がかかります。

上記の劣化度チェックで、星のマークが多いものほど、すぐに外壁塗装や屋根塗装が必要なものとなっています。

注目すべきは、外壁塗装や屋根に生えているカビやコケ、藻。一見すると大した事がないようなこれらですが、
実はすぐに外壁塗装や屋根塗装をしなければいけない状態なので注意が必要です。
理由としては、外壁や屋根に生えているコケや藻は塗装の塗膜を劣化させることはもちろん、外壁材や屋根材の中にも侵入し
繁殖を際限なく繰り返すため、外壁材や屋根材をボロボロにしてしまうのです。
だからこそ、コケや藻が発生したら早めに除去し、上から外壁塗装や屋根塗装を施工する必要があります。

そこまで対処が必要なさそうな現象でも、大きな問題になることがありますので、早めのメンテナンスや対処がお家を長持ちさせることに
つながるのです。スターペイントでは、皆様の住宅を守るため、外壁・屋根の無料診断を実施しています。
どうぞお気軽にご利用ください!

塗装業者の選び方

point01 「品質の良い塗装工事をしてもらうため」には、地域密着の会社を選ぶ!

塗装工事は、ローラーとハケ、ペンキがあれば、自動車で日本中どこでも行けます。
九州を車で順番に回っている会社もいるくらい、人と道具があれば何とかなるのが塗装なのです。

昔は、トラックの荷台に塗装職人を積んで、塗り替え時期のお宅を回って安く塗装を行う業者が横行していましたが、現在ではそういった業者はいなくなりました。なぜでしょうか?答えは、「品質不良で悪評が回ったから」。そのような業者はその地域には寄りつかず、次の地域に車で行って回ります。お客さんが業者に連絡をしても、連絡がつかず、誰が塗装をしたのか分からない。いわゆる煙に巻かれた状態になり、最後に泣くのはお客さんです。

さらに、1回目の塗装工事が雑だと、2回目の塗装(1回目工事の上塗り)は非常に難しい塗装工事になります。1回目の塗膜が剥がれると、
2回目の塗膜が一緒に剥がれるからです。そうならないためには、安心できる塗装会社に任せるという他にないのが、今の塗装業界の現状なのです。

それでは、どのような会社に頼むのが良いか。答えは、「ショールームを構えている塗装会社に頼むのが一番」です。例えば、地元の業者と、隣の県の業者がいたとしたら、後者の会社は長い時間をかけて車でこちらまで来て、疲れた状態で塗装工事に入ります。すると、どんな人間であっても、ミスが出たり、少しでも疲れないために見えない部分は手を抜くというのが人情ではないでしょうか?

また、どんなにホームページで良い事を謳っていても、実際には管理者の目が届かない場面では、「手抜き」や「ミス隠し」、「天候が優れない中で無理矢理塗装する」など、本来の姿とはかけ離れていくものです。

そのような事を発生させないために、地元密着で行っている塗装会社で、かつ管理者が頻繁に現場に顔を出す会社=お客様宅とショールームの距離が近い会社を選ぶことをオススメしているのです。

point02 自社に専属職人を抱えている会社に任せましょう!

次に塗装専門会社ですが、外壁塗装や屋根塗装というのは、良い塗料を使えば長持ちする塗装ができるわけではなく、腕の良い技術を持った塗装職人が正しい考え方の元、想いをこめて塗り上げるから品質の高い塗装ができあがるのです。職人の汗の結晶が「外壁塗装、屋根塗装」という事になります。それがリフォーム会社だとどうでしょうか?

下請け施工会社に任せるため、想いが伝わりにくくなります。「どうせ俺たちは下請けだから…、これくらいしか施工金額をもらっていないし…」という意識で下請けの塗装会社が施工すると、どうなるでしょうか?間違いなく外壁塗装、屋根塗装工事で手抜きが発生します。

お客様が払った金額で施工するのではなく、間にリフォーム会社が入ることで中間マージンを取っています。商売なので当たり前と言えば聞こえは良いですが、お客様側からするとたまったものではないです。だからこそ外壁塗装や屋根塗装を専門で行っていて、自社に専属職人を抱えている会社に任せる必要があるのです。

point03 「塗装職人ありき」で考えられる会社を選びましょう

最後に、塗装会社ならどこでも良いという訳ではなく、必ず「自社職人で国家資格1級塗装技能士を保有している塗装会社」に頼みましょう。国家資格1級塗装技能士は塗装職人唯一の国家資格で、ある一定の経験年数や技量を持った職人でないと取得できない資格です。
塗装会社選びの基準にすると良いでしょう。

その際には、「おたくは1級塗装技能士は何人いらっしゃるのですか?」と聞いてみると良いと思います。
そこで「うちの専属の職人は持っている~」、「技術があるから必要ない~」、「1級塗装技能士より外壁診断士(民間資格)の方が~」という回答をされる塗装会社さんは選ばない方が良いでしょう。

理由は既にお分かりかと思いますが、腕の良い技術を持った塗装職人が正しい考え方のもと、想いをこめて塗り上げるから品質の高い塗装ができあがるのです。塗装は半製品です。買ったら同じ品質という製品ではないからこそ、「塗装職人ありき」で考えられる会社が大切なのです。

ぜひ自慢施工事例ご覧ください!

施工実績の一覧はこちら